社長メッセージ|パジェロ製造株式会社 採用情報

MESSAGE社長メッセージ

パジェロ製造株式会社 代表取締役社長 辰巳大助
パジェロ製造の
強みとは

多車種混流の生産ラインと
技術熟練度の高い従業員

三菱自動車を象徴するパジェロ、デリカD:5、アウトランダーを安定的に受注生産しています。
我々は、モノコックボデーの乗用車のみならず、トラックなどフレーム構造の車も生産することが可能です。またSUV、ミニバン、オフロード車、FF車、FR車、4WD車など、生産する車のサイズ(縦、横、高さ)の自由度が高い、多車種混流の生産ラインを持っています。さらには、技術熟練度の高い従業員を擁し、小規模ゆえの意志疎通の図り易さを活かし、スピーディーかつフレキシブルに対応できることが当社の強みです。

パジェロ製造で
働く魅力

目に見える大きなモノづくりを実
感できる職場

70年以上にわたり培ったモノづくりの技術を伝承し「お客様第一主義に徹し、安全で信頼性の高い車を納期どおりに提供する」という目標を掲げ、その実現に向けて全社員が日々取り組んでいます。パジェロは全世界120か国へ輸出・販売しており世界で愛されている名車です。
当社では、鋼板の成型から完成車が出来上がるまでの全体が見渡せ、自分たちで考えた技術がどのように結果に繋がっているのかが確認でき「目に見える大きなモノ作り」を実感できます。困りごとなど先輩社員に相談しやすい環境に加え、職場内の風通し、部門間のコミュニケーションがとても良く、働きやすい職場です。日々の仕事の中で、『働きがい・やりがい』を十分に感じられるよう、入社2年目からでも重要な仕事に携わるチャンスがあります。 

今後の事業展開に
ついて

常に目標達成にこだわり競争力を
高めていく

2016年10月に三菱自動車は日産自動車から出資を受け、ルノー・日産アライアンスの一員となりました。三菱自動車グループである当社にとっても、非常に大きな変化点となりました。この提携に基づき、日産自動車の生産方式である「APW(アライアンス・プロダクション・ウェイ)」の導入が日々進んでいます。今後、三菱自動車グループだけでなく、日産自動車がもつ世界中の自動車製造工場と当社が比較されることになります。いち早く「APW」の考え方を取り込み、この競争を勝ち抜く必要があります。常に、安全・品質・コスト・デリバリー等の目標達成にこだわりを持って、競争力を高めていきます。 

求める人財像

考える力・改善する力・行動する力の
3つの力

「考える力」「改善する力」「行動する力」3つの力を持った人財を求めています。
現状に何か問題はないかを常に考え、そこから課題を発見し改善する方法を見つけ、さらに周りを巻き込みながら実現していける人です。
何もかも最初から全部できる人は多くはいないと思います。だからこそ、この3つの力を積極的に伸ばしていこうとする人財を求めています。
昨日した仕事を今日も同じように行うような仕事の進め方では、新しい技術を得ることもなく、品質の向上も望めません。
魅力ある車を生産し続けることは、常にお客様のニーズを取り込みながら、更に企業として進化し続けていくことが必要です。私たちと共により高品質で信頼性の高いものづくりを目指して、共に考え、取り組んでいくことを期待しています。