社会貢献活動「クルマづくり体験授業」を実施しました|パジェロ製造

お知らせ

2020年12月16日

社会貢献活動「クルマづくり体験授業」を実施しました

当社では毎年「本物の体験を通じて楽しく学ぶ」というコンセプトで、次世代をになう子供たちに車への興味を深める活動を行っています。
今年度は、小学校5年生を対象に2校で「クルマづくり体験授業」を行いました。
・10月22日(木) 美濃加茂市立太田小学校
・10月23日(金) 坂祝町立坂祝小学校


内容は車づくりを中心に、講義と作業体験等を実施しましたのでその様子をご紹介します。

スタッフ全員がマスクとフェイスシールドを着用し、使用備品の消毒、ソーシャルディスタンスを確保して行いました。
総務グループマネージャーの挨拶・スタッフの紹介後、「クルマづくり講義」と「ものづくり体験」に分かれて体験授業をスタート!


「クルマづくり講義」では、クイズを交えて講義を行い、児童のみなさんが元気よく手をあげて答えてくました。
また、デリカD:5ができるまでの動画をみて「すごーい」などの嬉しい感想が聞かれました。




「ねじ締め体験」では、実際にインパクトドライバーを使用しボルトのねじ締め作業をしてもらいました。
工具を持つのは、はじめての児童も多く「すごいおおきい音がする」とびっくりした様子。
最初は恐る恐る作業をしていましたが、スタッフがしっかりサポートすることで、徐々にできるようになり楽しんで体験してもらえたようです。




「部品取り体験」では、部品用のケースに入ったナットをスタッフが「2個」「3個」など指定した個数だけを児童に取ってもらいました。
最初はその個数を取るのに苦労し、「なかなか取れない!」と言っていましたが、何回も挑戦して全員ができるようになりました!




「クルマづくり工程映像視聴」では、工場見学時に各工程の説明に使用していた映像を児童にみてもらいました。
車がどのように作られているかを
「知らなかった」などの声があり、新しい発見があったようです。




今回の体験授業を通じ、楽しみながら車づくりを理解してもらえたと思います。